グリセリンフリーの化粧水 その①

顔面が脂ぎっていることを『顔に油田がある』というらしい。

数年前、X(旧Twitter)にてこの言葉を知ったときは『そうか‼私の顔も油田か‼』と納得したものだ。

保湿をしなければと化粧水から乳液、クリームまで塗っている。なのに何故か肌が脂ぎって、角質がたんまり。そもそもなんで脂が出るのか、角質が溜まってイチゴ鼻になるのか。

季節なんて関係ない。毎日油田。毎日イチゴ。この顔面に広がる油田をどうしたら無くせるのだろうかと、お試しサイズの化粧水を買い漁っては彷徨う日々。

そんな時にTwitterで色々な方が呟いていたこの一言。

『グリセリンフリー』

乾燥した肌が水分の代わりに脂を出すため油田になることがあるとのこと。

自分がこれに当てはまるのか確認のためやってみてもいいのでは?と思い、おすすめに愛用していた松山油脂さんも上がっていたので試してみることに。(※松山油脂さんのアミノ酸シリーズを使っていましたが売っているところが限られるため、現在では極潤のさっぱりを購入。)

Twitterではイチゴ鼻が無くなったとあったが、ほんとにこの頑固な角質が無くなるだろうかと不安に思いつつも使ってみるとあら不思議。

試してみればみるほどお昼には油田、夕方にはイチゴだった顔面から脂と角質が消えていく。驚きである。夕方鼻筋から鼻頭を触ったらブツブツがあって当然だったのに、そこに角栓があまりないのである。おでこと頬の油田も手にべったりと脂がつかない。たっぷり保湿しなければと思っていたが、保湿しないほうが油田にもイチゴにもならない???

これって、乾燥肌確定???グリセリン合ってないの確定⁉と思いつつ、ここ4年ほど嵌っていくグリセリンフリー沼にぬまる序章に過ぎないのであった。

コメント

タイトルとURLをコピーしました